忍者ブログ
チョコレートのれきし
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バレンタインのうた

恋とは
せつないもの
秘めるもの
騎士の時代から
こころにたいせつなものをおきながら
その天国の宝を
地上にはもたらさない
もの

昭和を代表する
日本文学史家
ドナルドキーンは
「日本人に、このような騎士道(恋)
が理解されるかは
甚だ疑問だ」
としている

(おっしゃる通り
わたしにゃ
あんたたちの
考えてる事なんざ
分かりゃしません
よ)

こころに、たいせつな人をおきながら
それを
けがそうとせず
告解(懺悔:告白)のときだけは
饒舌となり
金(ちじょうのたから)を悪として
教会のもと、世界中のひとを
その同じ教えのもとにしようと
する
カソリック

バレンタインは
そのカソリックが生んだ
行事だ

けれども

騎士ランスロットは
主君のたいせつな妻を
けがすまいとして
けがし

神の国の実現と
平和を求めるこころは
人と殺(あや)めまいとして
殺(あや)め

金を悪とする
教会は
金から遠ざかるどころか
最も金が集まる場所の一つとなり

いつしか
心のよすがとして
プロテスタントの心意気が生まれ
博愛の
博愛の精神が
うまれる それは

好きな人に 好きなだけ
好きなときに 好きといい

好きな土地で 好きに生き

好きな土地の 好きな人と
好きに
結婚をし それから大好きな
こどもと 好きに暮らす

神さまの ためでなく
お互いの ためだけに
信じて 尊重しあい
ときに 貯蓄を 人生の
バロメーターにする
そんな プロテスタントたち

チョコレートは、プロテスタントとともに
生き、ひとびとを
いつも見守って来た

一方で 
プロテスタント風の考えは
人に「天職」のこころを呼びさまし
職業人のプライドは火花をちらしながら
技術革新に拍車をかけ
つねに新しいもの
新しい人
新しいかんじょうを
おいもとめる

発展は、奇形にちかいねじれをふくみ
富と技術は
とぐろをまいて
世界にまんえんし 戦争や
恐慌がおこり
そのために死体の山は
みるみる
増えるばかり

富める人はより富み
貧しさは なくなることがない


それでも
人々は
愛する事を
やめない

だから きみは
ゆうきをだして
チョコレートをかうのだ!

そのむねに ひめた恋を
チョコレートという道具で
愛にかえるのだ

(その財布の百円玉を
この愛に かけろ!)

すべての
ただしいこと
ただしくないことは
思い出の中に
見いだせる

さまざまなギセイをへて
人々はこころに
自由な愛を手に入れた

君の心にある愛は
一つの兵器だ

だから チョコレートを
かうのだ!

苦くて
あまい
この思い出のつまった
チョコレートを

苦くて
あまい
この思い出のつまった
チョコレートを

かうのだ!

かうのだ!

かうのだ!


****



「おとうさん」
「なんだァい マァ?」

「チョコをあげるよ」

「ワ ワ!ありがとう!」


チョコレートカスタマイズ 
おわり
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[03/16 oratunhuds]
[03/16 isenhamosu]
[03/16 tedmundsta]
[01/03 lelecasto]
[01/03 talbottbac]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索