忍者ブログ
チョコレートのれきし
[9] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



シュガービジネス/インディアスの破壊についての簡潔な報告1
まず
はじめに 
死体のやまがあった

大航海時代の
もっともはじめ
アメリカ行きの船にのったものは
もちろん
王侯貴族
なんかではない

スペインからメソアメリカまで
その距離約一万キロ
船で行けばおよそ90日

その距離と危険性は
当時の人にとってみれば
月への旅行へ 匹敵するだろう
考えてみてもらいたい
そんな土地へ みずしらずの土地へ
陸地からほっぽり出されて
なにものが、いるかもわからない
生きて帰れるほしょうもない
土地へ ふつう
どこのだれが行きたいと
思うだろうか?

アメリカ船にもっとも最初にのったひとびと
それは
志も持たず 
危険を顧みない
体だけが大人になってしまったような
罪人まがい あるいは罪人で
自分の価値の無い人生を
リセットしたくて
うずうずしている 利己的な
恥ずかしい人間たちであったのは
想像に難くない

もし私が大正堂の出したテレビゲーム
ワールドエンドクエストのプレイヤーの
一人なら
こう考える

「黄金の地へたどりつくのは、らくだが針の穴を通るよりかは
易しいだろう
しかし
こんな成功する確率も低い
金をくうだけのばくちうちのような仕事は
人間のクズとか 周囲のにんげんにとっては
価値がなく
死んでもかまわないと思われているものや
いざとなれば
人殺しをへいきでするようなどきょうはある悪党 
ねじまがったまむしの根性をもつもの
忠誠度が低く 体だけ丈夫ならそれでいいといった
それでなにより 
賃金が とても安い
精子のような人間
にやらせる そんな人間のクズども

なるたけ 数多く 送り込む事だ
(忠誠心が高く 聡明なものは
本国のまもりにひつようふかけつだからだ!)


コロンブスの航海から、しようのない人材が集まるということは
あったのだった
そもそも「船乗り」という職業が、重労働かつ、家を持たず
おおよそ人間に考えられるしょくぎょうのなかで
最低だ
とおもわれていた時代
船で住むとは 小指ほどの岡のうえに立つゆうふくな者以外にとっては
監獄に いることと 変わり がない
もちろんふつう
彼らに 家族なんか
いないのだ 愛を語る相手などいない
のだ
こんな
愛も希望も保証も無
い人生をリセットしたくて
すこしでも 風通しよくしたくて
男たちは仕事にかりだされ
船に乗る

のちに
黄金と砂糖の地となる
メソアメリカには
はじめ
このような人材がおおく
流入したのであった

1492年
アメリカ大陸を発見した
コロンブス
その
コロンブスに同行した人の中で
ペドロ・カサスという
じんぶつがいた
のちに「五人目の宗教改革者(Fifth Religious Reformer)」として知られる
ラス・カサスの父である

コロンブスや他の探検家に同行した
多くのごろつきども
けれど
そのなかで
ペドロカサスは探検家として、
また一人のカソリック宗教者として 比較的正しいおこないをし
息子であるラスカサスに
ただいな影響をあたえた
人物であった
のちにインディアスたちに「おとうさん」と慕われる
ラスカサスの礎を築いたのは
ペドロがそのときエスパニョーラから持ち帰った
インディアスの奴隷
だった
かもしれない

ペドロカサスとコロンブスの話をもとに
ラスカサスは
コロンブスの航海記をまとめた。
今日その頃の歴史を知る事ができるのは
ラスカサスのおかげだ

そして、そのラスカサスが書いた書物のなかで
コロンブスの航海記以外に
知られた書物がある
それは
「インディアス史」ならびに「
インディアスの破壊についての簡潔な報告」
である

その本によれば
「(カサスが)はじめてエスパニョーラ島(今のハイチとドミニカ共和国)に上陸したときには
300万人いたインディオは、この本を書いている今200人ほどしかいない」
ということだそうだ

300万人マイナス200人の惨殺

もしエスパニョーラが百人の島だとすると、
生きの残ったひとは
ひとりもいない

恐らく百人いた村には
きつぶした
ふんどしが
一枚
おち
ているだけだろう

カサスにずばぬけて教養がなく
数字に弱いか
あるいは故意に
おおげさに書こうとする気持ちがあって
はたまた
気がちがったのでないなら カソリックである
カサスのこの数字は
ほんとうのことだろう

カサスは、この戦争と呼べない
紛争の40年のあいだに
スペイン人によって、少なくとも1200万人の
アメリカ人(インディアス)が
ころされただろうと
言っている

東京の人口が1200万人だから 東京だったら
全員死んでる 
東京ドームの動員なら300個分の分量だ
原爆百発分

異なる本でもいわゆるインディアスと呼ばれた人々の
(そうそう、彼らはインド人と間違えられて、
その名がついたのだが)
人口の90%は滅ぼされただろうと書いている
10人の村だと、
その数ひとりぼっち
言葉も無い

それが惨殺によるものだけでなく
ヨーロッパから持ち込まれた疫病にも原因があったとしても
最下
層のスペイン人がインディアスにしたことは
疫病よりも
たちが悪かったと
言っても良いだろう

スペイン人がインディアスに行っ
たとされる残虐行為の症例は
枚挙に
いとまがない

ためしに
ラスカサスの「インディアスの破壊についての
簡潔な報告」
のどのページでもいいから開いてみればいい
そこには
つねに非道な行為が書かれている

「私は数えるのも面倒な
ほど多くの場所でスペイン人たちが
手当たり次第にただ気まぐれからインディオた
ちの男や女のてと鼻と耳をそぎ
落としているのを目の前で見た。また、私
はスペイン人たちが数匹の犬をけしかけて
インディオたちをずたずたにさせようとし
ているのを見たし、実際に大勢のインディ
オが犬に苦しめられているのも目撃した。
同じく私は多くの家や村が焼き払われている
のも目にしたが、その数が非常に多くて正確
には言えないぐらいである。またスペイン人
たちが乳飲み子たちの腕をつかんで力一杯とおく
へ投げ」読んでい
ると
けつのあなが
音をたててとじていくのが
自分でわかるだろう

まさに死に至る病

インディアスはかかった
それは
絶望


対するスペイン人が
とりつかれたものとは
何だったのか

「歴史は今でも
事実をふくめて
動揺している

けれど人間は
その歴史に
へその緒つけて
生まれる
のだ。。。
。。。。」

つづく
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[03/16 oratunhuds]
[03/16 isenhamosu]
[03/16 tedmundsta]
[01/03 lelecasto]
[01/03 talbottbac]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索