忍者ブログ
チョコレートのれきし
[12] [11] [10] [9] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ジカソリック1

「わたしについてきなさい。
あなたがたを、
人をすなどる漁師にしてあげよう」(マタイ書 第4章)

ガリラヤ湖
イスラエル国内最大の湖
ここでキリストが漁師であったシモンに言った言葉
ここでは
ティラピアがよくとれる
史実として本当なら
シモンは
鯛に似たこのさかなをとるなりわいをやめて
キリストの弟子となり
ペテロ(礎)と名を変えて
初代ローマ教皇となる

やがて、聖書の時代は終わり
キリスト教はローマ帝国の国教となり
ローマの文化がこんにち残るように
キリストの文化は残った

いまある芸術の多くは
カソリックの名のもとにつくられたし
イスラムからの国土回復(レコンキスタ)も
十字軍(Crusader)もみな
カソリックという一つの糸でつながれている
事業だ

はっとするような
うつくしいもの
あこがれちゃうような
そうごんなものが
カソリックのえいきょうをうけている
場合はおおい

カソリックというもの

ヨーロッパ(旧大陸)の
文化の
すごくおおきなきばんだ

シスター、修道女の考え方
懺悔をすること
いろいろな風習やならわし
(ときにはまじないのような)
みなすべて
カソリック

その
カソリックの
中心たる教皇は、イエスキリストに端を発するのでなく
ペテロ
という
キリストに、おまえは明日の晩私の事を知らないと
三度言うだろうと予言されて
そのとおりキリストを三度うらぎったペテロ
そして男泣きに泣いたペテロ
人間ペテロである

おおよそ神聖と感じるもの
シンボリックなもの
魔をはねのけるもの

カソリックの恩恵を受けている

魔女狩りをしたのも
カソリック


荘厳な建築物 豪華な食事も
きらびやかなマントも
宝石や王冠さえも
この世の富
ゴージャスなもの
心ふるわせる音楽 げいじゅつ(A-R-T)
あらゆるものが
カソリックという
糸で結ばれる
つまりそれは
「幸福」
という
しろいのろい(ディスペル)だ

「むきだしの世界は黒くて、呪われている」
とカソリックは言う
「その呪いをとくこと(ディスペル)ができるのは
カソリックだけだ。魔術は
奇跡を起こす事はない。ほんとうの、きせきでは
ない
純白で、あかるい地金を出すことが
できるのは、神のうしろだてのある
カソリックだけなのだ」
という
「君たちは、罪を
かぶっている!すすけている!」

いう
「君たちの罪を、なくすることができるのは
カソリックだけだ。教会は、それを
可能にする」
という。

がどうあれ
過去、カソリックが
そうだったことは
ある


エクソシスト
はもちろん
カソリック


カソリックは、神の名の下に
世界の中心だったのだ
富は、その中心にせりあがって
くる
自然に
せりあがってくる
ただ待っていれば
金が
集まってくる
その頃、教会(カソリック)は巨大な
ネットワークを持っていた

もし君のせなかに
富をしょいたいなら
簡単なことだ
誰にもおもねることなく
ある考えだけにくそまじめに律儀となり
それが、世界の中心となるような
権威となればよい
富は
自然ときみのせなかに
せりあがってくるだろう
富は
きみのせなかからみみのおくまで
入り込み
かきだし
入り込みかきだしては
権威それじたいをもくてきとし
生き続けるだろう!

「わたしについてきなさい。
あなたがたを、
人をすなどる漁師にしてあげよう」

カソリックをせいしんてきな
しちゅうとした
十字軍はエルサレムを奪還し
(それに略奪が伴い)
レコンキスタは
スペインの国土を回復した
教会は
各地に支部をふやしていき
ますます強大になっていく
教皇を頂点とした
ピラミッド構造
前工程が
後工程を決める
ウォーターフォールモデル

「わたしについてきなさい。
あなたがたを、
人をすなどる漁師にしてあげよう」

ペテロは、人をすなどる漁師
(本人は、否定するだろうが)
どころか
この世の中心にある世界の
覇者となる

これが
聖書の
顛末か。。。。
******
ジカソリック2

ペテロは、人をすなどる漁師
(本人は否定するだろうが)
どころか
この世の中心にある世界の
覇者となる

けれどそれは
キリストという考え方
教えの保護下にあるときだけだ

もう何年ものあいだ
カソリックは
闘い続けていた
それは
イスラム教徒
が占拠していたイベリア半島
少なくとも500年は、この島は
東方とならび
イスラム勢とキリスト勢の
戦いの最前線となっていた
沢山の民族が現れては
ぶんれつし
イスラムとキリスト教のあいだを
行ったり来たりする
沢山の死体の山
おびただしい犠牲
世界の覇権をめぐる
もうひとつのたたかい

その戦いもやがておわりとなり
イベリア半島に
スペインという国ができる
日の沈まぬ国とよばれた
スペイン
214代教皇 アレクサンデル6世に
カソリック王と呼ばれた
英雄のいる国
スペイン
太陽の国

「君たちはのろわれている」
カソリックは言う
「それを浄化することのできるのは
教会だけだ」
16世紀
スペインは
最も浄化され、世界へはばたこうとしていた

*****
ジカソリック3

教皇アレクサンデル6世がしたこと
スペイン王を、カソリック王と呼んだこと
そのスペインにはコロンブスがおり
アメリカ大陸を発見したこと

教皇アレクサンデル6世がしたこと
発見したアメリカ大陸を
宇宙の王たるペテロの名において
キリスト教の国とする旨の
勅書を出した事

勅書がされたこと
スペイン語もろくに分からない
インディアスたちに
スペイン語そのままか、ろくに
教育も受けていない小遣い欲しさの
通訳に適当に翻訳させ
理解できないでいる様子を
宣戦布告としてうけとって
虐殺の小道具にされたこと

スペイン人のしたこと
メソアメリカにいた先住民の
90%を死にいたらしめたこと

そのうち何割かは
犬にたべさせたこと

スペイン人のしたこと
生き残ったメソアメリカの多くを
カソリックに改宗させたこと

そのうち何割かは
犬にたべさせたこと

スペイン人のしたこと
神の食べ物ココアを
ヨーロッパに
持ち帰ったこと

そのうち何割かは
犬にたべさせたこと

スペイン人のしたこと
王様のおくさんを
むりやりおかしたこと

そのうち何割かは
犬にたべさせたこと

スペイン人のしたこと
あかちゃんのうでをもって
ぐるぐる回して
なげとばしあそんだこと

そのうち何割かは
犬にたべさせたこと

テスカトリポカ(ジャガーの神)は死に絶えた
これでもう
心臓を、いけにえにする必要はなくなった
90%の人のいのちとひきかえだ
もう数千万年分
代価は払った
それでさらに
黄金も奪われてから
文明は
かんぜんに
めつぼうしたのだ!

カソリックのしたかったこと
未開の人々をカソリックに改宗させること

世界の中心であるべき
カソリックに改宗させること

僕たちの
この手は呪われている
それを浄化できるのは
カソリック教会だけだ

僕たちの
この手は呪われている
それを浄化できるのは
カソリック教会だけだ

つづく
PR

コメント
possibly partners
required possible fall compared source political natural
【2010/01/03 05:30】 NAME[ilenafick] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[03/16 oratunhuds]
[03/16 isenhamosu]
[03/16 tedmundsta]
[01/03 lelecasto]
[01/03 talbottbac]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索